読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためにできること 【 牛乳編 】

こんにちは!

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

子宝ファスティングの専門家による
子宝ファスティングの実践で
あなたに元気な赤ちゃんが
できやすい身体づくりを
日々、提供しています(^_−)

 

小池 勇一朗です。

 

 

いつも、ブログにたくさんの

メッセージありがとうございます!

 

 

 

【 牛乳は腸内環境を悪くするってご存知でしたか? 】

 

 

 f:id:yuichiro1900:20170222130241j:image

 

 

あなたは便秘などの腸内環境の

ことでお悩みですよね?

 

 

 

では、、、

 

 

 

本日は、

便秘や下痢などの

腸内環境にわるい影響を

与える情報をシェア

させていただきますね!

 

 

 

f:id:yuichiro1900:20170223153149j:image

 

 

 さて、、、

 

 

 

牛乳がなぜ腸内環境を

悪くするのかというと

 

 

 

その理由として、、、

 

 

 

 

牛乳を分解できない酵素の問題がある。

 

牛乳には乳糖が含まれています。

この乳糖を分解する酵素を赤ちゃんは

もっていると言われています。

これはおよそ2歳くらいを目処に

なくなっていきます。

赤ちゃんは母乳を飲むので、

この酵素が必要なんです。

しかし、

大人になるとご飯を食べるように

なるために75%前後の方が

牛乳などを消化できなくて起こる

乳糖不耐症という症状がでてきます。

これは、

牛乳の乳糖が小腸で吸収できない状態に

なることで大腸まで未消化でいきます。

その結果、

ガスや酸性物質をつくるので

下痢や便秘になったり、

腹痛につながるといったことが起こります。

また、

下痢などの症状がでないからといって

大丈夫といったことはないので、

その辺りも気をつけてくださいね(^ ^)

 

牛乳の中のカゼインというタンパク質がアレルギーを起こす。

 

これは、

牛乳の中のカゼインというタンパク質が

起こすアレルギーの問題です。

通常はタンパク質はアミノ酸に分解されて

吸収されるのですが、

ごく一部のものが分解される前の

ペプチドという状態で吸収されます。

そうなると、

このペプチドにアレルギー反応を

起こして腸内環境が酸性に傾いたり、

栄養吸収を妨げる可能性がでできます。

そういったことから、

牛乳は、

あくまで嗜好品としてお取りいただくのが

良いのではないかと思いますよ(^ ^)

 

 

 

もしあなたが、

妊活中で結果が出ずにお困りなら、

この習慣は変えてみる価値はありますよ。

 

 

 

その他に、個人的な子宝相談がある場合には
以下の2つの方法から直接ご連絡ください(^ ^)

 

 


Facebookからは
👇👇👇

 

 

小池 勇一朗

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!


ライン@からは
👇👇👇

 


https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y


ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

 

 

からだスタジオ

 

小池 勇一朗