読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためできること 【 睡眠編 】


こんにちは!

 

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

 

子宝ファスティングの専門家による
子宝ファスティングの実践で
あなたに元気な赤ちゃんが
できやすい身体づくりを
日々、提供しています(^_−)

 

小池勇一朗です!

 

 

【 妊娠さんの質の高い眠りを作る習慣とは 】

 

 

f:id:yuichiro1900:20170228134948j:image

 

 

睡眠と妊活って関係ないようで

実はとても関わりが深いんです!

 

 

今回は、

睡眠のトラブルと妊娠が
一度に解決した事例をご紹介します。

 

 

そして、
実際に患者さまが何をおなったのかを

シェアしたいと思います。

 

 

妊娠できる人となかなかできない人の

違いはもしかしたらここにあったのかもし

れません 

 

 

彼女のご職業は看護師さんで夜間勤務が

月に3回〜6回程度あったということで、

不規則な勤務体制の方でした。

 

 

そのため、

寝つきや昼間眠いと言った

睡眠の問題もあり普段から肌荒れがとても

気になっているようでした。

そして、

私の目線からみても年齢のわりには

ニキビが多いようにみえました。

 

 

肌荒れの理由を聞いてみると、

スナック菓子や甘いものなどの間食が

たびたびナースセンターで

広げられるようで、それをちょこちょこ

つまんでいたのも一つの原因だった

と思います。

なんて言ったってスナック菓子には

ニキビの原因になりうる身体に

悪〜い油が多く使われてますからね(>_<)

 

 

f:id:yuichiro1900:20170228150350j:image

 

 

その他には、

寝ている間にでる

 

メラトニン

 

というホルモンが

肌の修復や再生にも深く関わって

いることも要因と考えられますね。

また、

あるデータによると昼間勤務の方

と比べて夜間勤務の看護師さんに

乳がん発生率が2〜4倍多いことは

よく知られているケースでもあります。

それは、

寝ている時間やリズムとホルモン

バランスの乱れが健康な方のような正常な

代謝を妨げているとも言われています。

 

 

そのような関係もあってかホルモン

の乱れによる生理周期乱れもあって

時折おこる、生理痛にも似た腹痛にも

悩まされていたそうです。

 

 

あなたがこちらの方と同じ方法をとれば

もっと簡単に妊娠につながるかもしれません。

 

 

その彼女が行なった方法が

 

 

1日 2食!!

 

 

にしたことなんです!

 

2食にすることにより

消化にかかる負担を下げてからだが

回復に向かう代謝の働きを高められた

ことが良かったのではと思います。

その延長で眠りが変わったということに

もつながったんですね!

 

 

この方は翌月には

無事妊娠報告をいただけましたので、

食べるものと回数を意識しただけで

うまくいったケースになりました。

 

 

もしあなたが

妊活中でお悩みでしたらまずは

1日2食からチャレンジしてみては

いかがでしょうか?

意外と簡単に結果につながるかもしれません。

 

 

 

その他に、個人的な子宝相談がある場合には
以下の2つの方法から直接ご連絡ください(^ ^)

 

 

 


Facebookからは
👇👇👇

 

 

小池 勇一朗

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!


ライン@からは
👇👇👇

 


https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y


ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

 

 

からだスタジオ

 

小池 勇一朗