読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためにできること 【 断食編 】

こんにちは!

 

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

 

子宝ファスティングの専門家による
子宝ファスティングの実践で
あなたに元気な赤ちゃんが
できやすい身体づくりを
日々、提供しています(^_−)

 

 

妊活フードマイスター

小池勇一朗です。

 

 

 

いつも、

たくさんのメッセージ

ありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

さて、、、

 

 

 

今回は、

少食の習慣をすることによって

得られるメリットについて

お伝えしていきますね(^ ^)

 

 

まだまだ朝は寒い日が続きますよね。

 

 

そんな時は

朝お布団からでるのが辛いって

いう方も少なくないですよね?

 

 

もっと朝スッキリ目覚められたら

いいのにと悩まれることはありませんか?

 

 

この方法を実践することで

朝の目覚めがスッキリして気持ち良い一日が

スタートできるかもしれません。

 

 

実は、

前回お伝えしました

1日2食にして夕食断食すると

消化酵素を使わずに身体がより休まり、

良質の眠りにつながりその結果、

睡眠リズムが徐々に整ってくるとは

お伝えしましたよね。

 

 

 f:id:yuichiro1900:20170301142507j:image

 

 

それはなぜかというと

寝ている間には

 

 

【 超抗酸化ホルモン メラトニン

 

 

が分泌されるからなんですね。

そのメラトニンは出るのと終わる時間

まで決まっていると言われています。

具体的には朝の目覚めてから

14〜16時間後から徐々にでる

ホルモンで、例えると朝の7時に

起きる方なら21時から23時が

出始める時間となります。

 

 

そして終わるピーク時間は夜中の

2時〜3時までと決まっています。

そのため、

残業で夕食が遅くなったり

夜中まで呑んだり食べたりしている習慣が

多くてダラダラ起きていたりすることで、

本来ならホルモンがでている時間帯が

食べ物を消化する働きに優先されて、

身体の修復や回復まで行きつかないのです。

 

 

当然身体の中では時間が足りないと

まだ修復や回復に

時間を使いたいと思ってもっと寝て

治させようという働きが強くなります。

そのため、

無理して起きても起きられなかったり、

昼間寝足りなかったりもするんです。

そして、これが朝のスッキリ起きられない

1つの理由です。

 

 

そして

 

 

 

【 超抗酸化ホルモン メラトニン

 

 

 

は95%近く腸内でつくられます。

そのため、

腸内環境を整えてメラトニン

が分泌されやす環境にするために

 

 

『 夕食断食 』

 

 

を続けてみてはいかがでしょうか?

 

 

もしあなたが

妊活中でお悩みでしたらまずは

1日2食を取り入れて2週間前後は

夕食断食にチャレンジしてみては

いかがでしょうか?

意外と簡単に結果につながるかもしれません。

 

 

 

その他に、個人的な子宝相談がある場合には
以下の2つの方法から直接ご連絡ください(^ ^)

 

 

 


Facebookからは
👇👇👇

 

 

からだスタジオ

 

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!


ライン@からは
👇👇👇

 


https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y


ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

 

 

からだスタジオ

 

小池 勇一朗