読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためにできること 【 農薬編 】

こんにちは!

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

ブログをご覧いただき誠に

ありがとうございますm(_ _)m

 

子宝ファスティングの専門家による
子宝ファスティングの実践で
あなたに元気な赤ちゃんが
できやすい身体づくりを
日々、提供しています(^_−)

 

 

妊活フードマイスター

小池 勇一朗です。

 

 

 

【 農薬を多く使っているのはどこの国❓】

 

 

f:id:yuichiro1900:20170314143429j:image

 

 

あなたは

農薬が多く使われている国のイメージは

どこの国のイメージがありますか?

 

 

また、どんな野菜やフルーツが農薬が多く

使われているイメージがありますか?

 

 

今回はどこの国が農薬が多く使われているかと

をランキング形式でシェアしていきたいと

思っています。

 

 

では、多く使われている国についてですが

 

 

意外と 

 

 

中国

 

 

と思われる方が多いかと思いますが、

実は農薬は意外と効果なものなので

農家1世帯当たりの収入などからみても

中国はそんなに多く使われてはいない

傾向があるんです。

ただし、安全ということではなくて

PM2,5などの大気汚染や工場排水の

問題などの方が問題になっていますので

中国産は避けておいた方が無難でしょうね!

 

 

では、

どこの国が多く使われているのかというと

 

 

1位       韓国

 

ついで

 

2位       日本

 

 

という順位になっていますね。

近年はオーガニックを強みに

販売されているスーパーや企業が

増えてきているんですが、

条件が農薬はさまざまなので一概に

比較しきれませんが、

農薬の消費量量からみても

 

 

日本がいかに農薬大国

 

 

であるかがお分かりでしょうか?

このデータからも農薬漬けの

野菜は中国産ではなく

 

 

日本産の野菜

 

 

であることが証明されていますね。

この結果から日本で野菜を購入される際には

 

 

 オーガニックのものを選ぶ

 

農薬をしっかり落とすこと

 

 

が必須となってきますね。

実際、日本でスーパーに行ってみると

こだわりを持って200円の高値を付けている

横で100円代のキャベツが大量販売 

されているのも実情ですね。

店頭で見えるのは『 産地 』と『 値段 』

だけで生産者の苦労は見えていません。

 

 

f:id:yuichiro1900:20170314155534j:image

 

 

そのため、

高いキャベツはタイムセールになって

始めて売れ始めます。

これだと農家さんも売れる大量生産の

野菜を作らざるを得ませんね。

 

 

消費者がもっと生産者側の苦労を理解する

ことでもっともっとオーガニックなどの

無農薬野菜が作られて販売されいくのでは

ないかと思っています。

 

 

いずれにしても食育を学べば学ぶほど

日本の食に対する意識の格差に

気付いてしまうのも残念な事実です。

 

 

せめて妊活さんには赤ちゃんのためにも

食育を学んでいただきたいものですね。

 

 


その他に、個人的な子宝相談がある場合は

以下の2つの方法から直接ご連絡ください(^ ^)

 

 

 

Facebookからは
👇👇👇

 

 

小池 勇一朗

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!

 

ライン@からは
👇👇👇

 

https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y

 

ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

からだスタジオ

 

小池 勇一朗