読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためにできること 【 睡眠編 】

こんにちは!

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

ブログをご覧いただき誠に

ありがとうございますm(_ _)m

 

子宝ファスティングの専門家による
子宝ファスティングの実践で
あなたに元気な赤ちゃんが
できやすい身体づくりを
日々、提供しています(^_−)

 

 

妊活フードマイスター

小池 勇一朗です。

 

 

 

【 朝の寝起きを良くする方法とは! 】

 

f:id:yuichiro1900:20170319082520j:image

 

最近は朝スッキリ目覚められますか!

 

 

そうでない方はこれからご案内する

方法に取り組んでいただければ

案外簡単に解決に向かうかもしれません。

 

 

そして、

妊活と眠りは実は切っては切れないもの

なんです。

 

 

それは、

寝ている間に分泌されるホルモン

 

 

メラトニン

 

 

と関係が深いんです。

メラトニンは別名で

睡眠ホルモンというくらいなので、

寝ている間しかでないのですね(^_^;)

また、

出始めと終わりの時間が決まっているので、

要注意なんですね!

特に、

しっかりと分泌されていると、

睡眠の質が顕著に変わってくるんですね(^ ^)

しかも、

メラトニンの分泌を高めればあなたの卵子

お悩みも解決に向かう

可能性が十分にあるんですよ(^ ^)

 

ある大学の研究結果ではメラトニン

摂取して体外受精をのぞまれた方の

約50%が陽性の反応があったという

データもあるんです!

さらに、

40歳を過ぎた辺りからメラトニン

分泌量は25%以下まで減少するという

ので卵子の老化にも関わりが深そうです。

 

睡眠の質が変わることで睡眠中の細胞の

修復が行われていきますので、

結果的に、

分割しやすい卵子に成長していく方向へ

進んでいくのですね!

 

 

そのために

今日からできる簡単な方法は

 

 

寝る直前までものを食べない

 

 

ということで防げます。

通常眠りにつく時は体温が下がり

眠りに入っていきます。

そのことでからだを休めることが

可能となります。

寝る時に汗をかくのも体温が下がって

いく証拠なんです。

ですが、

食事をすると消化をするために

体温が逆に上がってしまい良質な

眠りを妨げてしまいます。

 

 

 

これを予防するために、

 

 

 

寝る2時間前からは食べない

 

 

 

ようにしてからだが休めるリズムに

なれるように心がけましょう!

そして、

スッキリ目覚められると1日のスタート

も元気にスタートできることでしょう(^ ^)

 

 

その他に、個人的な子宝相談がある場合は

以下の2つの方法から直接ご連絡ください(^ ^)

 

 

 

Facebookからは
👇👇👇

 

 

小池 勇一朗

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!

 

ライン@からは
👇👇👇

 

https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y

 

ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

からだスタジオ

 

小池勇一朗