読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためにできること 【 健康意識編 】

こんにちは!

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

ブログをご覧いただき誠に

ありがとうございますm(_ _)m

 

子宝ファスティングの専門家による

子宝ファスティングの実践で

あなたに元気な赤ちゃんが

できやすい身体づくりを

日々、提供しています(^_−)

 

 

妊活フードマイスター

小池 勇一朗です。

 

 

 

【 あなたと赤ちゃんの健康のための5つのポイントとは❓ その3 】

 

 

f:id:yuichiro1900:20170327182201j:image

 


今回も膨大な情報の中から
みんなが推奨していること
で共通している情報を
シェアしていきますね(^ ^)
前回お伝えしたストレスに引き続き
今回はその3をお伝えします。

 

 

睡眠!!

 

 

睡眠に至っては健康を語る上でかかすこと

のできない要素となってきます。

 

人間の自己免疫力を高める上で一番の

要素とも言われていますね(^ ^)

睡眠の中には

 

 

ショートスリーパー

 

ロングスリーパー

 

 

などの睡眠方法が存在しています。

 

また日本では、

 

 

6〜8時間睡眠を推奨

 

 

f:id:yuichiro1900:20170327183147j:image

 

 

していることが一般的に多いです。

この睡眠時間に異論を唱える人は

少ないのではないでしょうか!

質の良い睡眠についても調べた所

 

質の高い睡眠を取られている方には

 

 

メラトニン

 

 

というホルモンが分泌されていることも

わかっています。

しかも、メラトニンは出るのと終わる時間

まで決まっていると言われています。

具体的には朝の目覚めてから

14〜16時間後から徐々にでる

ホルモンで、例えると朝の7時に

起きる方なら21時から23時が

出始める時間となります。

 

そして、終わるピーク時間は夜中の

2時〜3時までと決まっています。

そのため、

残業代や生活リズムの乱れから

夕食が遅くなったり夜中まで呑んだり

食べたりしている習慣が続いて

ダラダラ起きていたりすることで、

本来ならホルモンがでている時間帯が

食べ物を消化する働きに優先されて、

身体の修復や回復まで行きつかないのです。

 

その結果、からだの修復や代謝が間に合わず

朝スッキリ起きれないような状態が

起きてしまうのです。

 

それを防ぐためにも

 

 

夜遅くまで固形物を食べ過ぎない!

 

 

ことは睡眠の質を上げるための

要素として重要になってくるんです。

 

 

さらに、商品の選択基準も含めて

食育をより深く学びたい方や個人的な

子宝相談がある場合は以下の2つの方法

から直接ご連絡いただければと思います。

そういった食育講座もご案内しております。

 

 

 

Facebookからは
👇👇👇

 

 

からだスタジオ

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!

 

ライン@からは
👇👇👇

 

https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y

 

ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

からだスタジオ

 

小池 勇一朗