読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためにできること

こんにちは!

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

子宝ファスティングの専門家による
子宝ファスティングの実践で
あなたに元気な赤ちゃんが
できやすい身体づくりを
日々、提供しています(^_−)

 

 

妊活フードマイスター

 小池 勇一朗です。

 

 

排卵後の基礎体温のバラツキをなくす食べ方とは❓ 】

 

 f:id:yuichiro1900:20170426125055j:image

 

 

さて、

 

 

 

今回は、

排卵後の基礎体温を安定させるのに

どんな食べ物を、

意識して選んでいった方が良いか、

お伝えしていきます!

 

 

まずは高温期では、

黄体ホルモンのプロゲステロン

多く出てくる時期でもありますよね!

 

 

 

排卵後の、

基礎体温が乱れがちな方は、

自分自身のプロゲステロンが、

足りていなかったり、

からだに有害な毒素が蓄積して、

プロゲステロン本来の、

働きが抑えられたり、

している可能性があるんです。

 

 

 

そこで、

なるべくプロゲステロンの働きを上げる

食品を選ぶことでホルモンを整えて、

排卵後の基礎体温の乱れを整える必要が、

あるって訳なんです。

 

 

 f:id:yuichiro1900:20170426124946j:image

 

 

さて、、、

 

 

 


実際に、

高温期には、

どんな食品が良いかというと

 

 

 

ビタミン・A・C・E

 

 

ビタミンEはプロゲステロン

値を向上させて、

女性ホルモンの分泌をする

脳の中の脳下垂体に働きかける

ということが実証されているんですね!

 

さらに、

ビタミンEは、

ビタミンAとCと組合せることで、

より抗酸化作用が高まるので、

一緒にお取りになるといいですね!

 

そして、

ビタミンCが不足すると、

ストレスに弱くなり、

その際に、コルチゾールという

ストレスホルモンが分泌されると、

女性ホルモンの働きが抑えられる

ということにつながるので、

ビタミンCも同時に

お取りいただきたいですね(^ ^)

 

 

具体的には、

 

 

アーモンド、ヘーゼルナッツなどの

種実類。

赤ピーマン・黄ピーマン・トマト

菜の花・ブロッコリーなどの

緑黄色野菜野菜。

 

 f:id:yuichiro1900:20170426125125j:image

f:id:yuichiro1900:20170426125205j:image

 


そして、

なんといっても取り入れて

いただきたいのが、、、

 

 

 

 アマニ油

 

これは、

女性ホルモンのエストロゲン

プロゲステロンの両方の原料と

なる油なので、

必須になってきます!

 

 

推奨はこちら

オーガニックフラックスオイル

🔻🔻🔻

 

f:id:yuichiro1900:20170426124213p:image

 

ぜひ食卓に取り入れてみては

いかがでしょうか❓

 


さらに以下は

あなたのための妊活のこと・子供の健康のこと

の情報配信を無料で受け取りいただける

妊活メルマガです!ぜひご登録ください(^ ^)

登録はこちら


👇👇👇

 

 

http://eepurl.com/b24prz

 

 

また、食品の選択基準なども含めて

食育をより深く学びたい方や個人的な

子宝相談がある場合は以下の2つの方法

から直接ご連絡いただければと思います。

ここでは妊活食育講座やお出汁の取り方講座

のご案内も優先的にしております。

 

 

Facebookからは
👇👇👇

 

小池 勇一朗

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!

 

ライン@からは
👇👇👇

 

https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y

 

ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

 

 からだスタジオ

 

小池 勇一朗