読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

赤ちゃんのためにできること

 

こんにちは!

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

子宝ファスティングの専門家による
子宝ファスティングの実践で
あなたに元気な赤ちゃんが
できやすい身体づくりを
日々、提供しています(^_−)

 

 

妊活フードマイスター

小池 勇一朗です。

 

 

 

【 あなたのストレスを軽減し基礎体温に変化を起こす驚きの方法とは❓ 】

 

 

 f:id:yuichiro1900:20170427131950j:image

 

 

あなたは基礎体温の乱れで悩まれていませんか!

 

 

多くの方が知らない基礎体温を整えるこんな

解決方法があったんです。

 

 それは

 

 

ストレスケア!!

 

 

なんです。

 

 

ストレスが軽減されれば人間関係も良くなって生活

しやすいですよね!

 

 

多くの方がこの方法を知らないために

ストレスケアが難しくなっています。

 

 

実は、

 

 

アマニ油とマグネシウム

 

 

を摂ることで身体の中でストレス管理ができるんです。

 

 

なぜかを解説する前に

以下の方もストレス管理が難しくなったことで

婦人科系の症状がでておられる方でした。

まずは、一度ご覧ください。

 

 f:id:yuichiro1900:20170427132642p:image

f:id:yuichiro1900:20170427133445p:image

 

 

「多嚢胞性卵胞症候群」

 

とは簡単にいうと卵が作られすぎる症状です。

ではなぜ、この方が婦人科疾患の

 

「多嚢胞性卵胞症候群」

 

と診断されたのかをストレス管理と

絡めてご説明しますね。

 

こちらの方にまずご提案させて

いただいたのは

まずは口から入れる油を変えること。

なぜかというと脳の60%近くは

油でできているからです。

 

ホルモンは脳と腸で多く作っています。

ですから食べた油がいいと脳の機能

にもいいということですね。

また、腸が食べ過ぎなどで

正常なホルモン分泌ができなくなる

こともあるので、子宝ファスティング

環境を整えることを提案します。

 

 

また、

ホルモンは肝臓でコレステロールからも作られます。

 

 

そして、コレステロールは女性ホルモンと

ストレスに適応するホルモンの原料と

なることに使われるのがわかっています。

そのためいつも天秤にかけられていて

必要な方に多く使われます。

 

 

そのため、ストレスが多いと

女性ホルモンの働きが低下していきます。

 

 

それが、

 

生理痛・卵巣機能

 

などの身体の不調や身体の

炎症反応のある無しにも

影響してきます。

 

また、

婦人科系のトラブルがあると

ストレスに適応するホルモンが足りなくなって、その結果ストレス管理に働きに適応

できなくなってしまいます。

 

体験談でご紹介しました、アマニ油と

マグネシウムは何でもいいわけでは

ありません。

ご希望の方には良質の

アマニ油とマグネシウムをご紹介いたします。

お気軽にお問合せください。

 


さらに以下は

あなたのための妊活のこと・子供の健康のこと

の情報配信を無料で受け取りいただける

妊活メルマガです!ぜひご登録ください(^ ^)

登録はこちら


👇👇👇

 

 

http://eepurl.com/b24prz

 

 

また、食品の選択基準なども含めて

食育をより深く学びたい方や個人的な

子宝相談がある場合は以下の2つの方法

から直接ご連絡いただければと思います。

ここでは妊活食育講座やお出汁の取り方講座

のご案内も優先的にしております。

 

 

Facebookからは
👇👇👇

 

小池 勇一朗

 

へ友達申請でメッセンジャーからご連絡ください!

 

ライン@からは
👇👇👇

 

https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y

 

ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

 

からだスタジオ

 

小池 勇一朗