読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気な赤ちゃんを望むあなたへ ママナルブログ

元気な赤ちゃんを望むあなたへの知ってほしい結果を出せるプロセスがつまっているブログです。

元気な赤ちゃんのためにあなたができること

こんにちは!

 

妊娠までの100日間の子宝プロセス!

 

子宝カウンセリングの専門家による

子宝ファスティングの実践で

あなたに元気な赤ちゃんが

できやすい身体づくりを

日々、提供しています(^_−)

 

 

妊活フードマイスター

小池 勇一朗です。

 

 

【 タイミングを取る際の体温のバラツキが気になる妊活さんへ 】

 

 

f:id:yuichiro1900:20170512225245j:image

 

 

タイミングを取る際に体温がバラツくと

いうクライアントさんのお声にお答えし

今回は食べ物でバラツキを整える方法を

シェアさせていただきます

 

 

多くの人が、

この方法を知らないために、

なかなか問題を解決することができません。

 

 

 

さて、

 

 

 

今回は、

基礎体温の時期別にどんな食べ物を、

意識して選んでいった方が良いか、

お伝えしていきますね!

 

 

 

まずは低温期では、

卵胞ホルモンのエストロゲン

多く出ている時期でもありますよね!

 

 

 

基礎体温の乱れがちな方は、

自分自身のエストロゲンが、

足りていなかったり、

からだに有害な毒素が蓄積して、

エストロゲンの本来の、

働きが抑えられたり、

している可能性があるんですね!

 

 

 

そこで、

なるべくエストロゲン に似た働きをする、

食品を選ぶことでホルモンを整えて、

基礎体温の乱れを整える必要が、

あるって訳なんですね(^-^)

 

 

 

では実際に、

低温期には、

どんな食品が良いかというと

 

 

 

 

ごま

 

f:id:yuichiro1900:20170512225611j:image

 

ビタミンE、カルシウム、鉄分が

豊富で抗酸化作用が高い。

 

 

豆腐

 

f:id:yuichiro1900:20170512225710j:image

 

大豆のイソフラボンの働きが、

女性ホルモンに似た働きをします。

鍋などがオススメ!

 

 

ぬか漬け

 

 f:id:yuichiro1900:20170512225744j:image

 

 

酵母菌や乳酸菌の働きで、

有害物質のデトックスを促して、

エストロゲンが活躍しやすい、

環境を作ってくれるんです。

 

 

 

また、

高温期はというと、

 

 

 

貝類

 

f:id:yuichiro1900:20170512225939j:image

 

亜鉛や鉄分を含み、

葉酸の吸収を助けるビタミンB12

豊富で貧血の予防にもつながる。

 

 

ほうれん草

 

f:id:yuichiro1900:20170512230041j:image

 

鉄分、ビタミンA、Cや葉酸などが

含まれるため、

貝類と合わせると、

組み合わせがいいですね(^^)

 

 

ひじき

 

f:id:yuichiro1900:20170512230116j:image

 

カルシウムと鉄分、

マグネシウムが豊富で貧血や

イライラ・不眠を解消しやすく

なります。

 

 

あなたもこれらの食材を意識して

選ばれると案外簡単に基礎体温バラツキが解

決できるかもしれません。

 

 


また、食品の選択基準なども含めて

食育をより深く学びたい方や個人的な

子宝相談がある場合は以下のライン@

から直接ご連絡いただければと思います。

ここでは妊活食育講座やお出汁の取り方講座

のご案内も優先的にしております。

 

 

さらに今回からライン@に新規ご登録

いただけた方に妊活レシピを動画で

プレゼントいたしますのでお愉しみに(^ ^)

 

 

ライン@ より

 

👇👇👇

 

https://line.me/R/ti/p/@qxt3849y

 

ブログみましたとメッセージ
いただけたら、ご返信いたします!

 

 

 

からだスタジオ

 

小池 勇一朗。